さくら総合病院

24時間 365日  夜間 休日 救急・歯科口腔外科 対応
0587-95-6711
症状から診療科をさがす   外来担当医表

仕事や学校帰りの夕方診療、日曜・祝日も救急対応

menu
トップ > 診療科・部門のご案内 > 特殊外来 > 頚椎性めまい・しびれ外来

頚椎性めまい・しびれ外来

頚椎性の『めまい』と『しびれ』を低侵襲で治療致します。

診療内容

頚椎性めまい外来 頚椎性しびれ外来


頚椎性めまい外来

難治性めまいは頚椎から?

頚椎症による椎骨脳底動脈循環不全症

めまいを訴えて外来を受診する患者さんの多くは耳鼻咽喉科、内科、神経内科、脳神経外科など多くの診療科を受診しても、めまいの原因に関して確実な診断ができていないことも少なくないのが現状です。

当科では、頚椎の変形や圧迫などによる脳血流の障害で起こるめまいを、最近の画像検査により診断し適応のある症例に対し、低侵襲な手術によってめまい症状を改善する治療を行なっています。頚椎症めまい外来で行なっている検査方法や異常が発見された場合の手術方法などを紹介いたします。

めまいが起ったときに考えられる原因として、「メニエール病」、「良性発作性頭位めまい症」などがよく知られている疾患ですが、ほかにも「起立性低血圧症」や「脳動脈硬化症」などいろいろなめまいを起こす病態が知られています。耳鼻科では平衡機能検査などを行い診断します。神経内科・脳神経外科では頭部CT検査、頭部MRI、MRA検査などの検査が通常行なわれています。これらの検査を受けても原因がはっきりしないめまい症は少なくないように思われます。

特に寝起き時に起る天井がぐるぐるまわる回転性めまいは首に原因があるともいわれますが、頚椎にどのような病態が起ったときにめまいが生ずるのかについてはよく知られていません。まためまいを訴える患者さんに対してはCTやMRI等の画像検査もほとんど行なわれていません。このような患者さんでは肩こりなどを伴うことも多く、また頚椎に頚椎症性変化を伴っていることが多いようです。頚椎症ではなぜめまいが起るのでしょうか。

頚椎、椎骨動脈の解剖

[ 頚部の椎骨動脈 ] 図1 - a

頚部の椎骨動脈

[ 椎骨動脈とルシュカ関節、横突起孔 ] 図1 - b

椎骨動脈とルシュカ関節、横突起孔

[ 正常なルシュカ関節(図2-a)]
[ ルシュカ関節の骨棘形成による椎骨動脈の圧迫(図2-b)] 図2

正常なルシュカ関節とルシュカ関節の骨棘形成による椎骨動脈の圧迫

椎骨脳底動脈循環不全症(VBI)とは

椎骨脳底動脈の循環が一時的に悪くなり、脳幹部の虚血状態を来たすとめまいや嘔気、嘔吐などの症状が現れます。ひどいときは意識障害もきたします。この脳幹部の一過性脳虚血状態によりめまい発作を繰り返す状態を椎骨脳底動脈循環不全症(VBI:Vertebrobasilar Insufficiency)と呼びます。

原因としては椎骨脳底動脈に動脈硬化を来たし発症することもありますが、椎骨動脈が横突起孔内を走行するため頚椎症による骨棘などにより椎骨動脈が圧迫され脳幹部が虚血状態となり、めまいが生ずる状態を頚椎症性椎骨脳底動脈循環不全症と呼びます。

頚椎症の変化が椎体の側方部に生ずると骨棘が椎骨動脈の方向に伸びることがあります。この部をルシュカ関節(鈎椎関節 uncovertebral joint)、その先端部を(鈎突起 uncinate process)と呼びます。

この変化のため横突起孔内では椎骨動脈はより狭くなったトンネル内を走行することになります。

起き上がるような動作で頚椎が前後左右に動くことにより横突起孔がさらに狭くなり椎骨動脈への圧迫が強くなりめまいなどの症状が出ますが、頚を元の位置に戻すことにより椎骨動脈の圧迫は前の状態に戻り、脳幹部の虚血状態も解消し症状も消失します。

これを繰り返している状態が頚椎症性VBIと考えらえます。左右の椎骨動脈の太さは人により異なり太い方の椎骨動脈が圧迫されたり、左右の椎骨動脈に同時に圧迫が起ると脳幹部の虚血がより強く起り一過性の急激な意識消失(失神)を来たし事故などの原因になります。

従来VSIは脳動脈硬化症によるものが多いと考えられてきましたが、最近の画像診断の進歩により頚椎症によるVBIも少なくないことがわかってきました。

症状

起き上がったり、寝返りをしたときなど頚部の動きに伴って急に起こるフワーとするめまい、また天井がグルグルまわるような回転性めまいが起こります。また、ふらつきを訴える患者さんもいらっしゃいます。一過性の意識消失や転倒などに伴う頭部外傷もみられます。

めまいの症状

診断

頚椎X線撮影正面像、頚椎3DCTでルシュカ関節が側方に突出している。
( 図3 - a )

頚椎CT正面断層像で横突起孔と横突起孔との距離が狭くなっている状態を調べる。

頚部MRAで椎骨動脈の圧排、時に狭窄像がみられる。( 図3 - b )( 図4 - a )

頚部3DCT血管撮影で骨棘と横突起孔に挟まれた椎骨動脈の状態を確認する。
( 図4 - b )(図5 - a b)


図3(a・bは同一症例)

頚椎3DCT

図4(a・bは同一症例)

頚部MRA

図5(a・bは同一症例)

頚部3DCT血管撮影

手術適応

頚椎症によるVBIは決してまれな状態ではなく、体動時にふわっとするめまいを訴える患者さんのなかでかなりの率を占めているように思われます。

これにより脳梗塞など重篤な脳障害を引き起こすことはあまりなく、症状が軽いうちは頚部の安静(頚を急に動かさない)など、また通常のめまいに対する薬物療法も効果があることもあります。

多くの患者さんは保存的な治療の対象です。しかし我慢できない激しいめまいまた長期間繰り返し続くめまい、意識障害を伴う場合は手術の適応と考えられます。

手術適応

手術方法

ルシュカ関節先端部切除による椎骨動脈減圧術

全身麻酔下、手術顕微鏡下に手術します。比較的低侵襲な手術です。

圧迫のある側の頚部の皮膚上に4cmほどの横切開を加えます、頸椎前面に達したら、 ルシュカ関節の先端部の骨棘を手術顕微鏡下に切除し椎骨動脈の除圧を行ないます。

広い範囲の除圧が必要な場合は横突起の一部も切除します。

切除前と切除後

椎骨動脈は皮膚表面から比較的近いところにあり比較的到達しやすく、また骨切除のみで十分であり、通常の血管手術のように血管に切開を加えたり、一時的な血流遮断は行なわないので術中出血もあまりなく、脳梗塞のような重篤な手術に伴う合併症はありません。

頚椎固定術も行ないません。( 図6 a b )


図7 (a・b・c・dは同一症例)
術前MRAと術後MRA 術前3DCT造影と術後3DCT造影

手術に伴う問題点、合併症

頚部にはいろいろな組織があり注意深く手術しますが、特に椎骨動脈を傷つけないようにすること、近くにある神経根に注意して行ないます。 頚椎症が多椎間にありどの部位が症状を呈しているのかはっきりしないことがあります、疑わしい場合は複数箇所の骨棘の切除を行ないます。また左右の椎骨動脈に圧迫を認めどちらの椎骨動脈が症状を出しているのか迷うことがあります。満足な除圧が行なえないとめまい症状が完全に消失しないことがあります。また後日対側の椎骨動脈の除圧が必要になることもあります。(図7 - a b c d )


その他(Q&A)

Q.受診方法

A. 頚椎症めまい外来は予約制です。電話で予約してください。

0587-95-6711

Q.診断期間

A. CT・MRIなど複数の検査が必要ですができるだけ1日で終わるようにしています。

Q.手術時間

A. 複数個所などにより変わりますが通常は2-3時間程度です。

Q.治る早さ

A. めまいは手術術後すぐに消失することもあり、数日以上かけてよくなることもあります。

Q.入院期間

A. 基本的には1週間以内です。※入院案内のページ[リンク]

Q.術後

A. 翌日より歩行でき、退院後すぐに通常の生活に戻れます。
術後に頚部カラーは使用しません。

Q.詳細

A. 文献のコピーを[PDFリンク先]よりダウンロードしてご覧ください。


文献

山田博是
頚椎症による椎骨脳底動脈循環不全症(PDF版) ダウンロード
尾北医報 278 29-35,2007


所属医師

頚椎性めまい・しびれ外来

名前 学位・専門医・経歴
脊椎脊髄センター長
山田 博是 脊椎脊髄センター長|山田 博是
学位・専門医
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脊髄外科学会名誉指導医
経歴
  • 昭和12年10月 愛知県で出生
  • 昭和37年03月 名古屋大学医学部卒業
  • 昭和39年07月 米国ミシガン州ヘンリーフォード病院脳神経外科レジデント
  • 昭和41年07月 米国アイオワ州立大学脳神経外科レジデント
  • 昭和44年07月 愛知県心身障害者コロニー中央病院脳神経外科医長
  • 昭和50年05月 名古屋大学脳神経外科助手、講師、助教授
  • 昭和59年02月 中部労災病院脳神経外科部長
  • 平成03年01月 愛知医科大学脳神経外科助教授
  • 平成06年06月 稲沢市民病院脳神経外科部長、副院長、院長
  • 平成18年04月 稲沢市民病院名誉院長
  • 平成18年04月 さくら総合病院 脊椎脊髄センター長

頚椎性しびれ外来

短期間の入院、早期の復職をkey-hole手術により実現

はじめに

頸椎椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症(厳密には椎間板組織による圧迫を頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症骨棘によるものを頚椎症神経根症ですが病状的には変わらないので、以下頸椎ヘルニア)は上肢の痛みやしびれの大きな原因の一つです。MRI検査の普及により診断が容易になってきましたが、まだ的確な診断がされていない症例も少なくないように思われます。

 

治療に関しても多くの場合、消炎鎮痛剤などの薬物治療や頸椎牽引をはじめいろいろな理学療法などが行なわれ効果を上げていますが、これにより十分な改善がみられない症例も少なくありません。このような場合、手術的な治療の適応が考えられます。多くの施設で頸椎前方固定術が行なわれています。これは椎間板を切除した部分に自家骨やいろいろな補填物(スペーサー)などを挿入し、罹患椎間を固定する手術です。

頸椎ヘルニアを切除するために支持組織である頸椎骨の一部を削ることにより、頸椎の変形などを予防することはできますが、その代わり固定により椎間の動きをとることで可動性のある椎間を失うという代償を払うことになります。通常1-2椎間の固定ではすぐには問題は起こりませんが、数年も経過するとその上下の椎間(隣接椎間と呼びます)に新たに頸椎ヘルニアや頚椎症性変化が起り、それに伴う神経症状や頭痛、肩こりなどの症状を見ることは少なくありません。

 

筆者は頚椎固定術を行なわない低侵襲なkey-hole手術を20年ほど前に新たに開発し、行なってきました。最近では、この方法はいろいろな施設で行なわれてきているようになってきていますが、まだ十分普及している状態ではないので、この方法を紹介いたします。

診断

頚部の椎骨動脈頚部の椎骨動脈

神経根ブロックは責任神経根を調べるために行なわれることがある検査ですが、神経根損傷の可能性があること、侵襲度が高いこと、行なわなくても十分診断可能であることなどにより行なっていません。その他、必要に応じて、頭部の画像検査、神経電動速度検査などを行ないます。

診断

手術適応

保存的な治療を長く行なうことにより、特に鎮痛剤による胃腸障害などの副作用、また神経根圧迫が長期続くことによる、上肢筋萎縮やしびれなどの感覚障害をきたすこともあり、これらは手術を行なっても完全には回復しないほど高度な例も少なくありません。

保存的療法は1ヶ月ほどを目安として、改善のみられない症例では手術的な治療の適応と考え、手術を勧めています。

めまいの症状

手術

手術は全身麻酔下に行ないます。症状のある側の頚部の罹患椎間近くの皮膚皺にそって3-4cmの横切開を加えます。

key-hole手術

罹患椎間のすぐ上の椎体の外側下部に5-6mmの小孔(key-hole)を、手術顕微鏡下に電動ドリルを使用し、神経根方向に深部に入るに従い広くなるようにドリルで削ってゆきます。十分薄くなったら、神経根を圧迫している上下椎体から出ている骨棘や髄核組織を小さな骨鉗子などで十分に切除します。外側は神経孔を出口まで削り、神経組織に接した骨棘は小さな骨鉗子で切除します。内側は脊髄側まで骨棘を切除します。脊髄症を伴っている症例ではより広く切除します。


侵入孔は5-6mmですが深部に入るにしたがってだんだん広く孔を広がるように削るため神経根から神経孔部では径10mm以上になり、視野も除圧の範囲も十分の広さがあります。孔の中に固定などのためスペーサーを入れることはしていません。孔を開けたままでなんら支障はありません。この孔は数年以上すると非常に小さくなり痕跡的になります。


手術時間は1椎間の場合、1時間〜1時間半程度です。2椎間では30分ほど長くなります。

手術創はしばらくすると手術痕ははっきりしなくなることが多いです。気管食道と頸動静脈の間より頸椎前面に達し、長頚筋を外側に剥離し、頸椎椎体外側に到達します。


[ 術前・術後 CT撮影写真(矢状断と水平断)]

矢状断と水平断

[ 頸椎CT 術前・術後 ]

頸椎CT 術前・術後

[ key-holes手術方法模式図 ]

key-holes手術方法模式図

術後の経過

手術日の翌日から歩行可能で、歩行したり手術前と同じように身体を動かすことができます。術後3-4日で退院できます。通常1-2週間で、軽作業であれば就業可能です。頚部カラーは原則として使用していません。

通常の頚椎前方固定術と比べ狭い手術視野で手術が可能なため、頚椎の露出部分が狭く、手術中に周囲の組織を過度に強く押したり、牽引したりしないので、術後に頚部痛程度で呼吸障害、嚥下障害、発声の異常などの合併症を見ることは滅多にありません。

[ 術前・術後 3DCT撮影 ]

頚椎3DCT

本法の利点

本法は確実に十分な範囲の神経根除圧、椎間板ヘルニアや頸椎症骨棘の切除ができるため、上肢の痛みやしびれ症状を軽減することができる手術法であります。頚椎前方固定術と比べると、より短期間の入院、早期の復職が可能です。大部分の椎間板組織を温存するため、また固定術を行なわないため、術後カラー固定も必要とせず、手術後に頸椎の運動制限を来しにくく、手術前に行なっていた仕事やスポーツなど早期に復帰可能です。手術時間、臥床時間も短いため、高齢者でも合併症は非常に少ない利点があります。

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアによる神経根症では、通常1ヶ所(1椎間)のみのことが多いのですが、神経根圧迫椎間が2ヶ所以上のことも少なくありません。また神経学的検査と画像検査の所見が一致しないことも時にあり、いずれの椎間を手術するか迷うこともあります。

そのような場合、本法は2椎間に手術を行なってもあまり患者さんに負担にならず、また頚椎の動きにも支障を与えないといった利点があるため、疑わしい部位の手術は積極的に2ヶ所でも手術するようにしており、これは手術結果の向上につながるものと思われます。

[ 術前・術後 3DCT撮影(神経根圧迫椎間が2ヶ所の場合)]

手術適応

本法の問題点

5-6mmの小孔(key-hole)からアプローチする手術であるため、手術顕微鏡操作、ドリル操作に習熟した術者により手術が行なわれる必要があります。本法は注意して行なえば、極めて合併症の少ない手術法です。

また大部分の椎間板を温存し、一部の椎間板のみを切除する手術法であるので、残存した椎間板から新たなヘルニアが起こることがある(全体の症例の1%以下)ため、術後1ヶ月くらいは激しい頸椎の運動は避けるようにしています。

カレンダー

他疾患との合併がある場合には

別章で述べた椎骨動脈循環不全症を合併しているときは、同時にそれぞれkey-holeを開け行ないます。大きく削りすぎると術後に頚部痛を残すことがあるので最小必要な骨切除にとどめるようにしています。

頚椎症性脊髄症を合併している場合は1-2ヶ所であれば本法類似の方法(頸椎中央部からのkey-hole手術)を行なうこともあります。骨棘切除が広くなり、不安定性を来たしそうな場合は前方固定術を加えることがもありますが、そのような症例はあまり多くはありません。多椎間の頚椎症や脊柱管狭窄を伴っている場合は頸椎椎弓形成術を後に行なうこともあります。

他の手術法との比較(頸椎神経根症に関して)

前方除圧固定術

-除圧は広い範囲に行なうことができる、手術の視野も十分にとれる

-手術の侵襲が大きい

-骨移植が必要

-カラー固定が4-8週間必要

-隣接椎間に新たな頸椎症や椎間板ヘルニアを後日発生することがる

前方アプローチによるレーザー手術

-確実な神経根除圧ができないことがある

-圧迫が骨棘によるものでは除去できない

後方除圧術(後方椎弓形成術)

-脊髄症には良い適応であるが神経根症の除圧は十分に行なうことができない場合が多い

-侵襲が大きい、入院期間も2週間程度と長い

-頸椎後方の筋肉を痛めるため軸性疼痛、頸椎の可能性の減少

-頸部カラーが必要な場合がある

後方アプローチによる神経根除圧術

-特に内視鏡で行なう場合は手術侵襲は小さい

-神経根の除圧は可能であるが、神経根を直接に圧迫している骨棘や椎間板ヘルニアを除去できないことが多いため一部の症状が残存する可能性がある

[ 前方アプローチと後方アプローチ ]

前方アプローチと後方アプローチ

入院から退院までの流れ

手術前日に入院します。手術日は全身麻酔下に行ないます。。当日はベッド上安静ですが、寝返りなどは可能です。覚醒後、水分摂取は可能です。術後第1日より歩行可能、朝より普通食開始です。頸椎CT検査を行ないます。3-5日で退院です。

入院から退院の流れ 退院

その他(Q&A)

Q.受診方法

A. 頚椎症めまい・しびれ外来は予約制です。電話で予約してください。

0587-95-6711

文献

山田博是 岩田金治郎 中島正光 樋下田稔昭
『頸椎Radiculopathyに対する前方神経根減圧術』(PDF版) ダウンロード
脊椎脊髄ジャーナル Vol.7 No.3: 241-246,1994


山田博是 山本英輝 中島克昌 中島正光
『経椎体アプローチによる頸椎椎間板切除術』(PDF版) ダウンロード
脊髄外科SPINAL SURGERY Vol.10: 54-59, 1996


診察日 - 予約制

曜日
午前 - - - -
午後 - - - - - -

午前 9:00 - 12:00

ご不明な点は、お気軽に当院スタッフまでお問い合わせください。

0587-95-6711

所属医師

頚椎性めまい・しびれ外来

名前 学位・専門医・経歴
脊椎脊髄センター長
山田 博是 脊椎脊髄センター長|山田 博是
学位・専門医
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脊髄外科学会名誉指導医
経歴
  • 昭和12年10月 愛知県で出生
  • 昭和37年03月 名古屋大学医学部卒業
  • 昭和39年07月 米国ミシガン州ヘンリーフォード病院脳神経外科レジデント
  • 昭和41年07月 米国アイオワ州立大学脳神経外科レジデント
  • 昭和44年07月 愛知県心身障害者コロニー中央病院脳神経外科医長
  • 昭和50年05月 名古屋大学脳神経外科助手、講師、助教授
  • 昭和59年02月 中部労災病院脳神経外科部長
  • 平成03年01月 愛知医科大学脳神経外科助教授
  • 平成06年06月 稲沢市民病院脳神経外科部長、副院長、院長
  • 平成18年04月 稲沢市民病院名誉院長
  • 平成18年04月 さくら総合病院 脊椎脊髄センター長

特殊外来

コラム

所属医師によるコラム

各種案内


診療時間

月 - 土 9時-12時 | 月 - 金 17時-19時30
時間外の場合:
月 - 金 12時-17時  | 日・祝 9時-12時

※診療時間に関しては、受診されます診療科目によって異なります。詳しくはこちら

ページのトップへ戻る