さくら総合病院

24時間365日 夜間休日救急・歯科口腔外科 対応
0587-95-6711
症状から診療科をさがす   外来担当医表

仕事や学校帰りの夕方診療、日曜・祝日も救急対応

トップ > 新年のご挨拶 - 2021

新年のご挨拶 病院長 小林 豊

「さくら」

さくら総合病院長 2021年ご挨拶1

2020年は新型コロナウイルス(以下、コロナ)で終止した。この世情をコロナ禍(か)と一括りに表現される。禍(わざわい)とは「不幸をもたらす物事や出来事」であるが、この世界の現状を見ると、禍という一文字では軽すぎてその表現に足りない。

この一連の出来事はむしろ災害であり、世界恐慌ともいうべき経済への負の影響を考えると、人類史上初の「世界災害」なのではないだろうか。人間が招いたリーマンショックが人類の自業自得なのと比べて、自然界のウイルスという人間の500万分の1ほどの大きさの病原体に翻弄されているのだから、ある意味滑稽ですらある。世界では150万人を超える死者を数え、感染者に至っては6700万人に及ぶ。70億人といわれる世界の人口で考えると、世界の人の100人に1人が感染しているのである。

さくら総合病院長 2021年ご挨拶2

コロナは、全国の医療機関を一斉に直撃した初めての災害である。特に救急病院は、コロナの恐怖による受診抑制だけでなく、救急という門戸から常にコロナが入り込んでくる恐怖に苛まれているのである。無症状で経過する感染者も多いと言われている中で、職員や患者さんによるコロナの持ち込みに起因する院内感染はいつ起きても不思議ではない。一度起きると、院内感染による被害は甚大で、悪いことをしたかのようにメディアに取り上げられ、職員の身も心も打ち拉がれ、経営をも揺るがす事態に発展する。こんな苦境にこれほど多くの医療機関が直面したことはない。

しかしながら、こんなネガティブな側面ばかりが報道され、この世の最期に迫りつつあるような暗い気持ちになることを強いられているが、果たして悪いことばかりなのであろうか。

日本史で習う杉田玄白の「解体新書」の出版を日本の西洋医学の創成期とするならば、250年の日本医療の歴史のなかで、これほどまでに感染管理に全国の病院が向き合ったことがあったであろうか。当初目に見えない病原体に恐れをなすばかりであったが、徐々にすべき対応も全国の病院に行き渡り、均てん化できてきたことも収穫である。

電話診察の普及や遠隔(リモート)会議や面談、web講演会が普及したのも医療業界としては画期的ともいえる。当院が属する尾張北部医療圏では、3つの公的病院と3つのactiveな民間二次救急病院を中心に救急医療や急性期医療を担っているが、今般、この6病院の病院長間を結ぶグループチャットシステムを創設した。全病院のトップが1日に何度も現状を発信し、リアルタイムに情報共有するようになったのも、これまででは考えられない驚くべき進歩であり、成果といえる。

さくら総合病院長 2021年ご挨拶3


禍を禍としてしか見ることができなければ、それは不幸でしかない。禍を裏側から見た時、それは初めて、転じて福となる。コロナに目を瞑って、ただ闇雲に避けていても得られるものはない。正面より冷静に向き合い、立ち向かい、そこから多くを得ることが医療機関に求められ、これこそが一番大きな成長となるであろう。

当院もコロナの苦境の最中、部署を越えた職員が一丸となってこの荒波を乗り越えるべく前進している。悪戦苦闘しながら、着実に成長している当院の職員を誇りに思い、また尊敬の念を禁じ得ない。

春の来ない冬はない。そして、春が来た時、『さくら』はまた咲く。

[Human2021年1月号特集より抜粋]

通常受付時間 [24時間対応致します]

月 - 土 9時-12時 | 月 - 金 17時-19時30
時間外の場合はこちら

※診療時間に関しては、受診されます診療科目によって異なります。詳しくはこちら

ページのトップへ戻る