さくら総合病院

24時間365日 夜間休日救急・歯科口腔外科 対応
0587-95-6711
症状から診療科をさがす   外来担当医表

仕事や学校帰りの夕方診療、日曜・祝日も救急対応

トップ > 診療科・部門 > 運動器・形成センター︎ > 疾患・治療

疾患・治療|運動器・形成センター︎

疾患・治療

下記の各疾患名をクリックするとスライドして表示されます。

変形性関節症リウマチ性疾患


変形性関節症

健康で正常な股関節において、足を動かすことは骨頭表面の軟骨がクッションとなり、痛みを感じませんが、 先天的に股関節がずれている場合や骨盤の発育不全などがある場合には、成長などによる体重増加でクッションが潰れて機能しなくなり、 骨頭と臼蓋がこすれあい、痛みや運動障害を引き起こす変形性関節症となります。


変形性関節症

症状

はじめのうちは、症状を感じない場合もありますが、進むにつれて関節に様々な症状が出始めます。軟骨がすり減り、骨が変形すると、骨と骨がぶつかり滑膜に炎症が起こったり、関節の周りの筋肉や腱に炎症が起こることで痛みを感じます。痛みが起こりやすいのは、関節に負荷がかかった時や、関節を動かした時です。はじめのうちは安静にすることで治まりますが、病気が進むにつれて、安静にしていても治まりにくくなります。


治療

薬物療法と運動療法によって治療を行ないます。 薬物療法で症状をやわらげ、同時に運動療法によって筋肉を鍛え、関節の機能を保ちます。 これらの治療でも症状が良くならない場合には、手術を行なう場合もあります。



リウマチ性疾患

いわゆるリウマチ性疾患の中でもっとも多い疾患が関節リウマチです。 免疫異常により関節の滑膜という組織に持続的な炎症が起きる病気です。 一般的には手の指や足の指などの小さい関節に関節炎が生じますが、膝などの大きな関節に生じる場合もあります。

リウマチ性疾患

症状

痛みのある関節を動かさなくなることで関節の動く範囲が狭くなり、 ひどい場合には関節がひとかたまりの骨となって動かなくなることもあります。 起きてすぐには手を握れず、着替えなどの朝の身支度が困難になるなど生活に影響を及ぼします。 また多くの場合で、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々に関節破壊が進行していきます。


治療

薬物療法による治療を行ないます。また喫煙、歯周病もリウマチの発症や進行に関与しているとされ、 遺伝的な体質に環境要因が重なることで免疫機能に異常が生じ発症するといわれています。 早期に診断して治療を開始できれば、病気の進行を最小限に抑えることが出来ます。


コラム

所属の医師によるコラム

その他の外来

各種案内


通常受付時間 [24時間対応致します]

月 - 土 9時-12時 | 月 - 金 17時-19時30
時間外の場合はこちら

※診療時間に関しては、受診されます診療科目によって異なります。詳しくはこちら

ページのトップへ戻る