医療法人 医仁会
さくら総合病院

Sakura General Hospital

0587-95-6711

24時間 365日  夜間 休日 救急・歯科口腔外科 対応

眼の疾患センターTopイメージ

眼の疾患センター

診療科目
眼科
場所
C棟2階
診療ポイント
  • 白内障の手術
  • 加齢性疾患
  • 眼底疾患
  • 角膜疾患
所属医師
所属医師一覧を見る

白内障の手術もお受けいたします

加齢性疾患、眼底疾患、角膜疾患、アレルギー性疾患高齢者まで幅広い検査・診断・治療を 行います。

目に関する様々な症状に対して対応させていただきます。 また、白内障などの手術もお受けいたします。︎


❇︎コンタクト処方・販売について

予約制で行なっています。 お気軽にお問合せください。☎︎0587-95-6711


視力低下

眼鏡が合わない 霞んで見える 見えづらい

視力低下は、近視や乱視などの変化のみならず、白内障や眼底出血など病気の自覚症状の場合もございます。 最近見えにくくなったと自覚症状がある場合はお気軽にご相談ください。

眼の疾患センター イメージ2


ドライアイ

眼が乾く 目がゴロゴロする 目がよく疲れる

眼の乾燥によって、角膜に傷がつき視力が低下することがあります。市販の点眼などで改善しない場合はご相談ください。

結膜炎

眼が赤い めやにや涙が多い 眼が痛い

結膜炎は様々な原因でおこります。花粉症も代表的なアレルギー
性結膜炎です。症状が悪化してくるような場合は軽く考えずに
早めの受診と治療を行なうことが大切です。

ものもらい

まぶたが痛い まぶたが赤い まぶたが腫れた

ものもらいの種類には、まぶたに細菌が感染して腫れや痛みを伴うタイプや、目の脂の成分が溜まることで腫れるタイプなどがあります。

眼の疾患センター イメージ3

白内障

ぼやける 霞んで見える 明るいところで眩しく感じる

眼の中の水晶体が濁ることにより様々な症状が出てきています。
当院では手術に対応しております。

緑内障

血縁に緑内障の方がいる 視神経乳頭陥凹拡大と指摘された

視野が狭くなっていく疾患で初期は自覚症状はほとんどありません。日本人の40代以上の20人に1人が緑内障と言われており放置すれば
失明につながる疾患のため、早期の診断、適切な時期を見た治療の
開始が必要です。

飛蚊症

黒いものが飛ぶ 視界にゴミが動いているように見える

50〜60代になれば起こる生理的飛蚊症ではない場合、緊急で治療を必要とする網膜剥離や網膜裂孔、硝子体出血のこともあります。一度、瞳孔を開く検査をすることをお勧めいたします。

糖尿病網膜症

血糖値が高い 糖尿病の治療中

初めは自覚症状はありませんが進行してくると眼底出血や網膜の浮腫を引き起こし不可逆的な視力低下を招きます。血糖値の異常を指摘されている方は定期的な眼底検査を受けることをお勧めいたします。

眼の疾患センター イメージ4


眼科検診

血縁に眼病の方がいる 視神経乳頭陥凹拡大と指摘された

人間ドックや公的機関での眼科検診で異常・要精査だった方の精密検査を積極的に受け入れております。

小児検診

視線が合わない 検診で弱視疑い指摘された 色覚検査をしたい

小児の斜視・弱視は放置すると視力が発達しない可能性があり適切な時期までに治療をする必要があります。写真を撮ると眼が離れていることがある、顔を傾けてテレビを見ているなど心配なことがありましたら一度受診してください。

眼の疾患センター イメージ5


加齢黄斑変性

物がゆがんで見える 中心部がぼやける 見えづらい

網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。当院では加齢黄斑変性予防に推奨されているルテインを配合したサプリメントの販売もしております。

所属医師一覧

眼の疾患センター