さくら総合病院

24時間 365日  夜間 休日 救急・歯科口腔外科 対応
0587-95-6711
症状から診療科をさがす   外来担当医表

仕事や学校帰りの夕方診療、日曜・祝日も救急対応

menu
トップ > 診療科・部門 > 循環器センター︎

循環器センター︎

循環器センター︎Topイメージ
診療科目
循環器内科
診療日時 [午前診 9:00-12:00|夕診 17:00-19:30]
曜日
午前
夕方

✴都合により変更が生じる事がございますので、ご了承下さい。外来担当医表はこちら

場所
D棟1階
対象疾患
診療ポイント
  • 患者さん一人ひとりのオーダーメイド医療を推進します
所属医師
所属医師一覧を見る

オーダーメイド医療

愛知医科大学、名古屋大学からの非常勤医師に於いて診療にあたっていますが、いずれの医師も市民病院や大学病院などでの豊富な勤務経験を生かし質の高い診療を行っています。高血圧症や心不全などの循環器疾患全般にわたり対応が可能です。狭心症、心筋梗塞といった虚血性心疾患については冠動脈造影検査および経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行しており、病状の安定している狭心症の患者さんでは原則として一泊〜二泊の入院で行なっています。

一人ひとりの患者さんに対し、丁寧な説明、検査、治療を心がけています。気になる症状があったり、循環器疾患の相談があれば遠慮なく当センターに受診してください。

高度な技術と最新設備

循環器センター

患者さん一人一人に

近年、高齢化や食生活の欧米化により循環器系疾患は増加し、多様化しています。 当院は患者さん一人一人に高度な技術と最新設備による迅速な治療を提供します。

疾患・治療

高血圧症

高血圧症とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。 高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、 柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。

高血圧症イメージ

症状

高血圧には自覚症状がほとんどないため、注意が必要です。 頭痛や耳鳴り、胸の痛みを感じる場合、高血圧の合併症である心筋梗塞、狭心症や脳卒中(脳出血、脳梗塞)の症状である場合もあります。


治療

治療には二つの方法があります。「生活習慣の見直し」と「薬物療法」です。


「生活習慣の見直し」
  • アルコールを控えましょう。
  • 喫煙はやめましょう。
  • 運動はできれば毎日続けましょう。
  • 体重制限 - BMI=体重(kg) ÷身長(m)で理想の22に近づけましょう。
  • 塩分を控えましょう。
「薬物療法」

高血圧に対する薬物療法の一例は以下の通りです。

  • 血管拡張薬 - 血管の拡張を促します。
  • 神経遮断薬 - 心臓への余分な刺激を抑え、血管の緊張をとります。
  • 利 尿 剤 - 尿量を増加させて血液量を減らします。

これらはそれぞれに特徴、欠点があり、個々の患者さんのケースに合わせて使用します。


心不全

心不全には、急激に心臓の働きが悪くなる急性心不全と心不全の状態が続く慢性心不全があり、急性心不全は命の危機にさらされる場合もあります。また慢性心不全が急に悪くなり、入院治療が必要な急性心不全になる場合もあります。

心不全イメージ
症状

血液を送り出す機能低下によって、全身の臓器に十分な血液が行き渡らないことから起こる症状(疲労感、不眠、冷感など)と全身の血液が心臓に戻る機能が弱くなり、血液がうっ滞することによって起こる症状(息切れ、呼吸困難、むくみなど)があります。

最初は、階段や坂道を登ったときに息切れする程度ですが、少し歩いたり、身体を動かしたりするだけでも息苦しくなるようになります。さらに悪化すると、安静にしていても症状が出るようになり、夜中、就寝中に咳が出たり、息苦しさで寝られなくなる場合もあります。


治療

[生活食事療法]
禁煙を含む生活習慣の見直し、適度な運動、安眠、減塩、節酒、ストレスを避ける、適切な体重の管理などがあげられます。


[薬物療法]
患者さん個人の病状、合併疾患を検討した上で、適切な投薬を調整します。


狭心症

狭心症とは、心臓に酸素や栄養を送っている冠動脈という血管が狭くなり、心臓のために必要な血液が十分に供給されなくなることで起こる病気です。

狭心症イメージ
症状

胸の中央からみぞおちにかけて胸痛が現れます。胸の圧迫感・しめつけ感のほか、のどの奥をはじめ胸の広い範囲で痛みを感じます。また左肩や左腕、奥歯などに痛みを感じることもあります。 症状が続く時間は、比較的短く数10秒~数分程度であることが多いですが、 より重症な心筋梗塞の状態になると胸の痛みはおさまらず、長時間続きます。


治療

薬物治療、カテーテル治療、外科手術があり、患者さんの病状に応じて治療を組み合わせる場合があります。


[薬物治療]

患者さんの病状に応じて複数の薬剤を組み合わせて処方します。


[カテーテル治療]

カテーテルを通して、血管の狭くなった部分を拡張することで血管を広げて治療します。局所麻酔のみで行なうことができ、治療時間は1時間程度、入院期間も数日ほどで行なうことができます。


[外科手術]

バイパス手術と呼ばれる血液の流れをよくする手術を行ないます。外科手術は、体への負担が大きく、入院期間も数週間かかりますが、カテーテルでの治療が困難な血管に対しても行なうことができる治療法です。


心筋梗塞

冠動脈が完全に詰まったり、急速に細くなったりして、心臓の筋肉細胞が死ぬことで機能が低下することを心筋梗塞といいます。


症状

特徴的な症状は、激しい胸痛です。「胸を締め付けられる」、「圧迫感がある」と感じる場合が多いのが特徴です。

心筋梗塞イメージ
治療

治療は早期であればあるほど、心臓への負担が軽減できます。 閉塞した冠動脈を再び開通させる再灌流療法は、発症後できるだけ速やかに行うことが重要ですが、その後も治療は続き、再発を防ぐため抗血小板療法(血液をサラサラにする治療)が必要になります。 心筋梗塞を起こした患者さんは、社会復帰までには時間がかかることが多いため、 患者さんのレベルに応じた運動プログラムなどを取り入れながら、心臓リハビリテーションを行い徐々に心機能を戻しながら、社会復帰を目指すことになります。


所属医師

循環器センター

名前 学位・専門医・経歴
非常勤
原 昭壽
専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • ACLS-EPプロバイダー
  • JPTECプロバイダー
経歴
  • 名古屋大学医学部 卒業
  • 公立陶生病院
  • 名城病院
  • 名古屋大学医学部付属病院
非常勤
坂 勇輝
専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医
経歴
  • 愛知医科大学医学部 卒業
  • 岡崎市民病院
  • 愛知医科大学病院
非常勤
鈴木 麻友

コラム

所属の医師によるコラム

その他の外来

各種案内


診療時間
月 - 土 9時-12時 | 月 - 金 17時-19時30
時間外の場合はこちら

※診療時間に関しては、受診されます診療科目によって異なります。詳しくはこちら

ページのトップへ戻る