医療法人 医仁会
さくら総合病院

Sakura General Hospital

0587-95-6711

24時間 365日  夜間 休日 救急・歯科口腔外科 対応

痙縮外来Topイメージ

痙縮外来

診療科目
脳神経外科
場所
C棟2階
[脳卒中脊椎脊髄センター]
診療ポイント
  • 足の筋肉のつっぱり[痙縮]をやわらげる治療を行なっています。
担当医師
担当医師一覧を見る

ボツリヌス療法とは

足の筋肉のつっぱり[痙縮]をやわらげる治療

ボツリヌス療法 [ 通称:ボトックス ]とは、脳卒中の後遺症である手足のマヒ(痙縮=けいしゅく)などに効果的な治療です。

筋肉の緊張をやわらげる特殊な注射をつっぱりやこわばっている筋肉に直接注射します。ボツリヌス治療で筋肉の緊張をやわらげる事で動かす範囲が増え、リハビリの効果が出やすくなります。

ボツリヌス療法は保険の対象です。

ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないため、ボツリヌス菌に感染する事はありません


ボツリヌス療法の効果

痙縮外来 イメージ
効果#01

手足の筋肉が柔らかくなり、動かしやすくなる事で日常生活の動作が行ないやすくなります。

効果#02

リハビリテーションが行ないやすくなります。

効果#03

関節が固まって、動きにくくなったり変形するのを防ぎます。脳ドックでは認知症傾向の有無もわかります。

効果#04

痛みを和らげる効果が期待でき、介護の負担が軽くなります。

治療スケジュール例

痙縮外来 イメージ

ボツリヌス療法の注意点

痙縮外来 イメージ

下記の事項に該当する方は、医師に申し出てください。

  • 以前に使用し、発疹などのアレルギー経験がある方・アレルギー体質の方
  • 喘息など慢性的な呼吸器の病気がある方
  • 妊娠している方・妊娠している可能性のある方・授乳中の方
  • 現在使用中の薬がある方

keishuku.jp(痙縮 情報ガイド)

keishuku.jp

コラム

痙縮外来の所属医師によるコラムをご覧頂けます。

担当医師一覧

痙縮外来(ボツリヌス療法)

  • 副院長 秦 誠宏

    副院長|秦 誠宏
    専門医
    日本脳神経外科学会専門医・指導医
    日本脊髄外科学会認定医
    愛知県救急業務高度化推進協議会指導医
    所属学会
    日本脳神経外科学会
    日本リハビリテーション医学会
    経歴
    三重大学医学部卒業
    平成05年05月 半田市立半田病院
    平成09年02月 静岡済生会総合病院
    平成10年10月 名古屋大学医学部付属病院
    平成13年04月 北海道大学医学部リハビリテーション医学
    平成14年10月 岐阜県立多治見病院
    平成16年04月 さくら病院